So-net無料ブログ作成
検索選択
stap細胞 ブログトップ

stap細胞の小保方晴子さんの経歴 [stap細胞]

stap細胞』を発見した、『リケジョ』で『割烹着の女神』の小保方晴子(おぼかたはるこ)さんの経歴を調べてみました。

小保方晴子さんは、1983年に千葉県の松戸市で生まれました。

松戸市立第六中学校の2年生の時には、読書感想文で、教育長賞を受賞しています。


理系だけでなく、文系でも優れた人物なのです。


高校は、東邦大学付属東邦高等学校です。

東邦大学付属東邦高等学校の創立目的は、理数科一貫教育だそうです。

ちなみに、著名な卒業生には劇作家の唐十郎さんがいます。


2002年4月に早稲田大学理工学部応用化学科に入学します。

通常の入試ではなく、AO入試によって入ったそうです。

のちに小保方さんの指導教員となる常田聡教授が、AO入試の時に立ち会っていたそうです。

入試では、高校生に実験をさせて、その様子を合格の判断基準にしたそうです。

小保方さんは、手際よくテキパキと実験をこなし、将来大学院に入ったらどうなるのかなどの質問をして、常田教授の記憶に残ったそうです。


やっぱり、出来る人は違います・・・
(^_^;)



大学在学中には、ラクロス部で主要選手としてがんばっていたそうです。


ちなみに、ラクロスという競技は、先に網が付いたスティック(『クロス』)で、直径6cm・重さ150gのボールを奪い合って、相手のゴールに入れるて得点を競うゲームです。

<ラクロス>
ラクロス.jpg
http://www.minorsports.info/lacrosse.php



お〜!

才色兼備文武両道だ〜!

すごい〜!



2006年の4月 早稲田大学理工学部応用化学科を卒業して、大学院に進学

この時、先ほどの常田聡教授に相談して、研究テーマを『微生物』から『再生医療』へと変更したそうです。

本当に自分がしたいことを考えて、子宮摘出などで子供が産めなくなった女性の為に研究をする事に決めたそうです。


2008年の4月 早稲田大学理工学研究科応用化学専攻修士課程を修了して、博士課程にすすみます。

東京女子医科大学との共同研究を、先端生命医科学センター(TWIns)にて継続。

2008年12月からは、ハーバード大学へ留学

最初、3月まで(4ヶ月間)の滞在予定だったのが、小保方さんが非常に優秀だった為に、ハーバード大学(チャールズ・バカンティ教授)側からの要請で、5ヶ月延長されたそうです。

その期間の滞在費も、ハーバード大学が負担するという破格の対応ぶりだったそうです。

この時のハーバード大学での研究が、今回の「stap細胞」の発見へとつながっていくそうです。


2011年3月 大学院先進理工学研究科博士後期課程を修了し、『博士(工学)』を取得。

常田聡教授は、小保方さんを見て、『論文をもう一つ書いて、『博士(医学)』も取れるんじゃないか?』と思ったそうです。


そして、現在の小保方晴子さんは、理化学研究所とハーバード大学を行ったり来たりしているそうです。

ちなみに、現在の理化学研究所のホームページのトップには、小保方さんが出てきます。


理化学研究所.jpg
http://www.riken.jp/


明るくオシャレで女子力もかなり高く才色兼備で文武両道で・・・小保方さん、スゴいです!

今後の活躍にも目が離せませんね。
(^o^)v


stap細胞の小保方晴子さんの大学時代〜 [stap細胞]

割烹着の天使小保方晴子(おぼかたはるこ)さんの大学時代等を調べてみました。

stap細胞』で一躍、時代の寵児となった小保方晴子(おぼかたはるこ)さんですが、研究結果を誰にも信じてもらえずに、泣き明かした夜も数しれなかったとか・・・

研究に対する、並々ならぬ意気込みが伝わってきます。


そんな理科系女子の小保方さんは、2002年の4月に早稲田大学に入学します。

理工学部応用化学科には、AO入試によって入ったそうです。

AO入試(エーオーにゅうし、アドミッションズ・オフィス入試)というのは、出願者の人物像で合否を決める方法で、普通の学科試験による受験とは違います。

一部には、AO入試は『大学生の学力低下につながっている』との批判もあるようですが、小保方さんの場合は学力向上に貢献しているようですね。
(^^)

後に指導教員となる常田聡教授によると、AO入試では、志願した高校生に実験をさせて、その様子をみて合否を決定したそうです。

その時の小保方さんは、非常に手際よく実験をこなし、大学院での研究について質問するなど、研究者として非常にモチベーションが高かった事が常田教授の印象に残ったそうです。



大学在学中の小保方さんは、ラクロス部に所属し、レギュラーの主要選手として活躍していたそうです。

文武両道ですね〜。


明るくオシャレで女子力もかなり高い小保方さん、かなり優れた人物のようですね。
(^^)


小保方さんは、2006年の3月に、早稲田大学理工学部応用化学科を卒業し、大学院に進学します。

そこで、研究テーマを今までの『微生物』から『再生医療へと変更したそうです。

子宮摘出などで子供が産めなくなった女性の為に、研究をしたかったそうです。


2008年3月に、早稲田大学理工学研究科応用化学専攻修士課程を修了し、4月から博士課程にすすみます。

博士課程では、早稲田大学先進理工学研究科生命医科学専攻での研究を、東京女子医科大学との医工融合研究教育拠点である先端生命医科学センター(TWIns)で継続する事になります。

そして、2008年12月からハーバード大学留学

最初、4ヶ月の滞在予定だったのが、ハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授からの強力な要請で、さらに5ヶ月間延長されたそうです。

その期間の滞在費はすべてハーバード大学が負担するという破格の対応だったそうです。


小保方さんって、そうとう優れているんですね〜。
(^_^;)

この頃のハーバード大学での研究が、今回の発見へとつながっていくそうです。


2011年3月に、大学院先進理工学研究科博士後期課程を修了し、『博士(工学)』を取得したそうです。

博士号をとる為に書いた論文だけでなく、その他にも沢山の研究成果をあげていた小保方さんを見て、常田聡教授は『もう一つ論文を書いて、『博士(医学)』も取れるんじゃないか?』と思ったそうです。


調べていくと、小保方晴子さんってすごく完璧な人のようです。
(^_^;)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

stap細胞の発見者小保方晴子さん、海外から称賛 [stap細胞]

stap細胞」の発見者である小保方晴子(おぼかたはるこ)さんが頻繁にニュースで取り上げられています。

海外からもその研究結果が称賛されています。



そもそも「stap細胞」とはなんぞや〜とぉ 問えば〜♪

「STAP細胞」とは、ES細胞やiPS細胞に続く「第3の万能細胞」と言われており、世界中から注目されています。

とのこと。

やっぱり、よくわからない・・・

多分「万能細胞」があれば、医療技術が格段に進化するんでしょう。

例えば、心臓病の人に、万能細胞で新品の心臓を作って入れ替えるとか?

そんな極端なのはムリかな?

火傷した皮膚を、万能細胞で作って皮膚で張り替えるとかだったらできそう?

多分、他人の皮膚を移植するのではなく、自分の細胞を使うことができるので拒絶反応とか気にしなくて済むとか?

まあ、そのへんは今後の研究次第なのかもしれないな。



そもそも今回小保方晴子さんが発見した「stap細胞」の発見は、生物学の常識を覆す画期的な発見だったらしい。

30日付けのイギリスの科学誌『ネイチャー』に掲載された小保方さんの論文を読んだ海外の世界中の研究者から、「革命的だ!」「またもや日本人科学者が!」などの称賛の声が上がったとの事です。

皆んながある程度予想していた結果ではなく、「えぇ? そんなん、ありなの?」という発見だったらしい。

という事は、今回の発見も、今後、奇想天外な発展を見せるかもしれない。

という事かな?

楽しみです。
(^^)


以上、『stap細胞の発見者小保方晴子さん、海外から称賛』でした。

(^_^)/~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

stap細胞の小保方晴子さんの出身高校は? [stap細胞]

stap細胞」の発見者である小保方晴子さんの出身高校を調べてみました。


stap細胞」なるものがニュースで頻繁にとりあげられています。

発見者は小保方晴子(おぼかたはるこ)さん。

かわいらしい若い女性の研究者であることが、ニュース性を高めているようですね。

割烹着姿で実験しているそうです。


割烹着.jpg
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/stap-57fb.html


なんか、良い感じですよね〜。
(^^)


昔の肝っ玉母ちゃんのイメージの割烹着で、最先端の「stap細胞」が発見されるなんて、何か不思議な感じがしますね。


マウスの細胞を、30分間ほどオレンジジュースぐらいの弱酸性液に浸して、刺激を与えるだけで『万能細胞』ができるそうです。

といっても、はじめからそうやったら出来るだろうと思って実験していたわけではなく、ありとあらゆる実験を繰り返し、その結果に辿り着いたとか。

小保方さんは、四六時中実験のことを考え続けたいたそうです。


千葉県松戸市出身の小保方晴子さんは、1983年生まれだそうです。

現在30歳、つい最近まで20代ですね。


小保方晴子さんは、松戸市立第六中学校の2年生の時に、青少年読書感想文千葉県コンクールで教育長賞を受賞されているそうです。

すごい!

理科系の研究だけでなく、文系でも優れていんですね。

可愛くてオシャレだし、『万能細胞』発見者だけに、『万能選手』ですね〜。
(^_^;)


その後、小保方さんは、東邦大学付属東邦高等学校進学しました。

2002年には、早稲田大学理工学部応用化学科に入学

現在は、理化学研究所で研究にいそしんでいらっしゃるようです。


今回のニュースで、小保方さんには『ファン』が大量にできたでしょうね〜。

今後のご活躍が楽しみです。




という事で、今回のテーマ、「stap細胞」の発見者である小保方晴子さんの出身高校は『東邦大学付属東邦高等学校』でした〜!
(^_^)/~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「stap細胞」の小保方晴子さんがしている指輪 [stap細胞]

「stap細胞」でニュースに取り上げられている小保方晴子さんがしている指輪が気になったので調べてみました。


「stap細胞」がニュースを賑わせていますね。

iPSよりも簡単に万能細胞が作れるらしいですね。

あんまりよくわかって無いけど・・・
(^_^;)

多分、病気の治療方法が格段に進歩しそうな感じなのかな?


この手の研究結果の発表とかって、いつも年配の男性が多いように思うんですが、今回は違いますよね。

かわいい女性の研究者。

老人男性より断然気になりますね。
(^_^;)

多分、若くてかわいらしい女性が発見したという事で、ニュース性が2倍以上になっているような気がします。



小保方晴子(おぼかたはるこ)さんが今回の主役です。


<小保方晴子(おぼかたはるこ)さん>
小保方晴子さんの指輪.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/ninji/imgs/2/d/2d03f5a9.jpg



これこれ、この指輪です。

左手の中指に光るゴッツイGOLDの指輪。

デカイです。
(^_^)

薬指じゃないから、まだ結婚されていないんでしょうね。


調べてみるとこの指輪は、ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)の「New Orb Poison Ring」だそうです。


vivienne-westwood-new-orb-poison-ring-172358380_2_full.jpg
http://www.bravos.ro/produs/1723583-vivienne-westwood-new-orb-poison-ring.html


ホンマかな?


別の角度から見てみると・・・


指輪.jpg

こっちで見ると、同じもののような気がしますね。


というわけで、「stap細胞」の小保方晴子さんがしている指輪は、ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)の「New Orb Poison Ring」だと思われます。

(^o^)v


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
stap細胞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。