So-net無料ブログ作成

ごちそうさん(126話)の『スコッチエッグ』が半熟で美味しそう〜! [テレビ]

スポンサーリンク




ごちそうさん』(126話)を見ていたら、久〜しぶりに『スコッチエッグ』が出てきました。

懐かし〜!

半熟がトロトロで美味しそうだ〜よぉ!
(TOT)


思い起こせば『スコッチエッグ』は、第2週の「黄身と出会った」で出てきました。

第12話で半熟卵のスコッチエングが完成しました。



<12話で出てきたスコッチエッグ>

12話のスコッチエッグ.jpg


そもそも、半熟卵のスコッチエッグは、め以子の発案でした。

しかし、何度やってもうまく作ることが出来ませんでした。


肉に火をちゃんと通そうとすると卵が固まり、卵を半熟のままにしようとすると肉に火が通らない。

その話を聞いた悠太郎が熱伝導と比熱を応用して、楕円形に卵を肉で包む事で、見事問題を解決します。

そして、悠太郎の名言「料理は科学ですが誕生しました。
\(^o^)/


これをキッカケにして、全然勉強に身が入らなかっため以子が、ガゼンやる気を出し始めたのでした。
(-ω☆)キラリ




ちなみに、一般的な『スコッチエッグ』は、半熟じゃなくて固ゆでだそうです。

ウィキペディアによると、


<スコッチエッグ>

殻をむいた固ゆでのゆで卵を、塩コショウやナツメグなどで調味した豚肉や牛肉のひき肉で包み、小麦粉、溶き卵、パン粉を衣にして揚げたもの。

ロンドンのデパート「Fortnum & Mason」で、1973年に発明されたとされる。



との事です。



しかし、開明軒の時とは違って、の代わりに大豆だし、小麦粉ではなくトウモロコシ粉を使った『スコッチエッグ』です。

それでも、め以子は見事に半熟で作り上げました。

時計も使って無いし、油も少ししか使わずに・・・


プロですね。
(^_^;)



やっぱり、食材の卵や大豆やトウモロコシが、
「今、ちょうど半熟の良い感じやで〜!」
とか何とか、め以子に話しかけてるんでしょうかね?

(^^)






以上、『ごちそうさん(126話)の『スコッチエッグ』が半熟で美味しそう〜!』でした。
(^_^)/~



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。