So-net無料ブログ作成

北朝鮮と韓国の離散家族が、3年3ヶ月ぶりに再開 [ニュース]

スポンサーリンク




2月20日に、朝鮮戦争などで、北朝鮮韓国とに離れ離れになってしまった離散家族再会事業が、3年3か月ぶりに行われました。

今回は、北朝鮮が韓国の求めを受け入れる形で実現されました。

今後も、北朝鮮が対話路線を進めて、南北関係が改善されるかどうかが注目されます。



南北離散家族.jpg
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140220/k10015406261000.html


見てると、戦争の爪痕っていろんなところに残っていますね。

でも、身近にそんなことが無いとすぐに忘れてしまう・・・

北朝鮮による日本人拉致問題も、ある意味戦争による被害だと言えなくもないかもしれません。

なぜなら戦争でひきちぎられなければ北朝鮮という国自体が存在しないのだから・・・




朝鮮戦争などで国が別れ別れになってしまった離散家族の再会は、2月20日から北朝鮮の景勝地クムガン山で始まり、6日間の予定です。

初日は、韓国側から希望した82人とその家族が、北朝鮮にいる家族と再会を果たしました。

再会を希望した人のほとんどは80歳以上の老齢でした。

家族との再会で涙を流しながら、
「生きていてくれてありがとう。」
などと声を掛け合って喜びをかみしめていました。


その中の90歳の男性は、北朝鮮の72歳の弟と70年ぶりに再会をはたしました。

互いの家族の写真を見ながらそれぞれの生活の様子などを語り合っていました。


2歳の時の弟と70年ぶりに再会・・・

想像がつかない。

お互いが兄弟だと見てわかるんだろうか?

やっぱり血がつながってたらわかるんだろうなぁ・・・



離散家族の再会事業が行われたのは、約3年3か月ぶりだそうです。

北朝鮮のキム・ジョンウン第1書記の体制と、韓国のパク・クネ政権とになってからは初めての事だそうです。

再会事業を巡っては、韓国のパク・クネ大統領の呼びかけに応じて、北朝鮮はいったんは合意したそうですが、来週から予定されているアメリカと韓国合同軍事演習に強く反発して、再会事業に応じない可能性を示唆していたそうです。

しかし、先週になって北朝鮮が韓国側の求めを全面的に受け入れて、再会事業が実現しました。

今後も北朝鮮が韓国との対話路線を進め南北関係が改善するのかどうか、北朝鮮の出方が注目されます。




何か、家族が会うだけなのに、というか、本人達にとって大切な事が、国と国との駆け引きに使われているようで、嫌な感じでがしますね。

まあ、イロイロあるんでしょうけどね。

(^_^;)





以上、『北朝鮮と韓国の離散家族が、3年3ヶ月ぶりに再開』でした。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。