So-net無料ブログ作成

小野塚彩那選手が銅メダルを獲得(ソチの結果)スキー・フリースタイル女子ハーフパイプ [オリンピック]

スポンサーリンク




ソチオリンピックから新たに追加された種目である、スキー、フリースタイル女子ハーフパイプの結果は小野塚彩那選手が銅メダルを獲得しました。

おめでとうございます~!
\(^o^)/


これで、日本のメダルは8個になりました〜。
(^^)


新種目のスキー、フリースタイルのハーフパイプというのは、半円筒形のコースを滑りながら、ジャンプとか回転などの技の難度を得点で競うものです。

選手は2回滑ることで、高得点の方の点数で採点されます。

決勝には11人が出場しました。

予選4位だった小野塚選手は、1回目、高さのあるジャンプを決めて79.00の得点を出し、3位につけました。

2回目では、持ち味のジャンプに加えて、高度な回転技を決め、1回目の得点をさらに上回る83.20

堂々(銅どう?)の銅メダルです〜!
(^_^;)


三星マナミ選手は残念ながら予選23位で敗退しちゃいました。
(TOT)



金メダル:アメリカのマディー・ボーマン選手
銀メダル:フランスのマリー・マルティノ選手



銅メダルを獲得した小野塚彩那選手の感想です。
・ぎりぎりのところでやっていて、最後までどうなるか分からなかったのでメダルを取れたことが信じられないです。
・決勝では、集中して自分の滑りができるように努めました。




<小野塚彩那選手>
小野塚彩那1.jpg
http://ameblo.jp/n1i2t3r4i5c6h/


スキー、フリースタイル、ハーフパイプ小野塚彩那選手は、 新潟県南魚沼郡塩沢町出身の25歳です。

2歳の頃から始めたアルペンから3年前フリースタイルへと転向し、初めてのオリンピック出場でした。



3年で銅メダルという結果を出したんですよ〜!

スゴいですねぇ〜!
(゚д゚)!



スピードを生かし、世界でも有数の高さのあるエアを武器に、昨年からは、空中感覚を身につけるためのトランポリン練習も取り入れるなどして、技術を高めてきたそうです。

去年3月世界選手権では、初出場で銅メダルを獲得。

今シーズンも先月のワールドカップ2位入賞を飾るなど、この種目での日本の第一人者です。
(^o^)v

ちなみに、アルペンの選手だった2010年には、全日本学生スキー選手権の女子大回転で優勝しています。


小野塚彩那、今後の活躍を楽しみにしています〜!

ありがと〜!
ヽ(^。^)ノ。





以上、『小野塚彩那選手が銅メダルを獲得(ソチの結果)スキー・フリースタイル女子ハーフパイプ』でした。
(^_^)/~



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。