So-net無料ブログ作成

安倍総理、集団的自衛権の「憲法解釈変更は閣議決定」」/靖国神社参拝/特定秘密保護法 [ニュース]

スポンサーリンク




安倍総理大臣が、衆議院予算委員会の集中審議で、集団的自衛権の行使容認を巡る憲法解釈見直しに関して以下のように述べました。

・政府が集団的自衛権の行使を、憲法解釈上認められないとしてきたことについては、憲法解釈は内閣法制局も大きな役割を担う。
・しかし、内閣法制局長官が決めることではなく、内閣が責任を持って決めていくのだ。
・内閣において、最終的な責任は内閣総理大臣である私が負っており、つまり責任者は私である。
・憲法解釈の見直しについて、『集団的自衛権を私がたった1人で決めていい』と言ったことはない。
・政府の有識者懇談会の検討を受け、与党とも協議しながら、最終的には閣議決定する方向になると思う。
・実際に自衛隊が活動していくためには根拠法が必要だ。
閣議決定して案が決まれば、国会でご議論をいただく。



一方、安倍総理大臣は、衛藤総理大臣補佐官が、安倍総理大臣の靖国神社参拝に関するアメリカ政府の声明に反論する動画を公開したことについても発言しました。

・私は衛藤議員がそういう趣旨のことを述べたということは承知していなかった。
個人の参議院議員の衛藤晟一として発言したということだった。
・衛藤補佐官は、『誤解を与える可能性があるので撤回した』ということだったと思う。



また、NHKの籾井会長は、就任会見に関連して、今月12日の経営委員会で発言した内容について質問されたのに対し、以下のように述べました。

・私の経営委員会での発言は、その一部だけを申し述べた場合、内容が不正確になるおそれがあるので申し上げることは差し控えたい。
・今度の経営委員会で、経営委員全員が合意して議事録が出来ることになっている。
・私の立場からは申し上げられないことをご理解いただきたい。


一方、特定秘密保護法について、安倍総理大臣は、以下のように述べました。

・今までは総理大臣も、秘密がどこでどのように決められていたのかいちいち把握できなかった。
・今後は私が毎年どのようなものが特定秘密になり、どのような形で指定されているのか把握し、情報保全諮問会議に報告しなければいけない。
・相当のチェックが効くようになり、誰が責任者かもはっきり分かるようになった。
・法律が対象とするのは、例えばテロリストや工作員、スパイで、こういう人々から国民の命や国益を守るための情報を守るもだ。
・本来、一般の国民や報道機関を対象としたものではない。
・一般の国民の生活に悪い影響を及ぼすことはなく、ましてや一般の国民が罪に問われることもない。
知る権利や報道の自由が侵されることもないということは総理大臣として明確にお約束したい。



2014年2月20日 正午のニュースより
<安倍総理、集団的自衛権の「憲法解釈変更は閣議決定」>



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。